森下仁丹の先端技術

森下仁丹の先端技術森下仁丹の先端技術

生薬を「包んで守る」銀粒に込められた伝統技術 朝露をヒントに生まれたシームレスカプセル

生薬を「包んで守る」銀粒に込められた伝統技術朝露をヒントに生まれたシームレスカプセル

カプセルの種類

天然の生薬を練った小さな粒に銀箔をはりつけた「仁丹」が生まれたのは明治中期。医療環境が整っていなかった時代に、生薬を手軽に持ち運び、長期保存を可能にしたのが銀箔のコーティング技術でした。この中身を「包んで守る」技術をさらに進化させ、森下仁丹が生み出したのが、いま世界が注目するシームレスカプセル技術なのです。

シームレスカプセル開発のきっかけは、液体の成分をカプセルに閉じ込めたいという思いから。継ぎ目のあるカプセルでは、中の液体が染み出してしまうため、継ぎ目のないカプセルをつくることが必要でした。開発チームは、葉からすべりおちる朝露をヒントに、この難題をクリアします。「水滴は表面張力で丸くなる。この力を利用できないか…」。その発想から、カプセルになるゼラチンを外側に、中身の液体を内側にして、同時に落とすと表面張力が働き、丸い形のカプセルが出来上がったのです。中身の液体を包んで継ぎ目のないシームレスカプセルは、当時の特許を取得しました。

ビフィズス菌を腸まで「届ける」ことを実現

ビフィズス菌を腸まで「届ける」ことを実現

シームレスカプセル

さらにシームレスカプセルは、ビフィズス菌の研究者である光岡知足東京大学名誉教授と出会い進化します。「ビフィズス菌は胃酸に弱く腸まで届けることが難しい。ビフィズス菌に鎧でも着せられないか」。そんな願いを実現したのが、耐酸性の皮膜を2重にしたシームレスのハイパープロテクトカプセルです。この技術によって、生きたビフィズス菌を腸まで「届ける」ことが可能になったのです。
今では、食品分野のみならず、レアメタル回収や経口ワクチンにもシームレスカプセル技術を応用させようと、さまざまな研究開発が進んでいます。

レアメタル回収にもカプセル技術を応用

レアメタル回収にもカプセル技術を応用

シームレスカプセルは、携帯電話やパソコンの電子部品に使用されるレアメタルの回収の技術としても開発が進められています。レアメタルを体に取り込む微生物をカプセルに包んで、レアメタル回収に活用すれば、低コストでリサイクルが可能になります。この他にも発展途上国でも手軽に利用できる経口ワクチン、自然にやさしいシロアリ駆除、絶滅危惧種を守る人工種子など、あらゆる分野で社会に貢献できる技術への応用開発が進んでいます。

レアメタル回収にもカプセル技術を応用

機能性表示食品は、事業者の責任において特定の保健の目的が期待できる旨を表示するものとして、消費者庁長官に届出されたものです。
ただし、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。

  • ・機能性表示食品は、疾病の診断、治療、予防を目的したものではありません。
  • ・摂取上の注意:1日の摂取目安量を守ってください。
  • ・食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。
  • ・治療中の方は医師に相談してください。
  • ・多量摂取により疾病が治癒したり健康がより増進するものではありません。
  • ・食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。